海外出張の場合、10時間以上の長いフライトになる場合も多いものです。こちらでは、機内での時間を有意義に、そして快適に過ごす方法をいくつかご紹介させていただきます。


【現地時間に合わせて睡眠をとる】

海外出張での悩みといえば、時差ボケではないでしょうか。仕事中にアクビばかりしていると、印象も良くありません。時差ボケを防ぐためにも、既に現地入りしているものと考えて現地時間に時計を合わせ、その時間に合わせて睡眠をとるのがおすすめです。しかし無理に眠ろうとすると、かえってストレスになる場合もあります。ご自身がストレスを感じず、ゆったりと過ごせることを大切にしてください。

【映画を見て、英語の勉強をする】

国際線では映画を視聴できる場合があります。映画は英語での放送が多いため、英語を勉強するチャンスです。日本発着便では日本語字幕の映画もいくつか揃っており、最新作からリクエストの多いものまで、数多く用意されているようです。映画を見ているうちに、楽しみながら英語の耳を養うことができます。英語はビジネスに役立ちますので、英語の勉強はとても有意義な過ごし方だと思います。

【好きな座席を確保しておく】

機内での快適さを左右するのは、やはり座席によるところが大きいでしょう。どの席にも一長一短ありますので「最も良いのはこの席です」と断言するのは難しいですが、早めに予約し好みの座席を確保しておくのがベストと言えるでしょう。 飛行機に乗り慣れている方だと、通路側を選ぶ場合が多いのではないでしょうか。

通路側だと隣の人に気を使わず席を立てますし、荷物の出し入れを行いやすいメリットがあります。一方窓側は、外の景色が見えて気分転換になりますし、壁にもたれてゆっくり眠ることができます。足を思い切り伸ばせる非常口前の座席も人気です。

当社では海外渡航経験豊富なスタッフが、航空券からホテルの手配まで、お客様の海外出張をサポート致します。専任コンシェルジュがご相談に応じますので、海外出張でお困りごとがあれば、ご遠慮なくお問い合わせください。