海外への出張でも、格安航空券を利用して安全な空の旅を過ごしませんか。海外出張に持参する機会の多いアイテムを例に、航空保安関連の情報をご紹介いたします。


【ライター】

基本的には、ライターやマッチは持ち込みができないことが多いと考えた方が良いでしょう。喫煙用として一人一つまでの持ち込みが許可されている場合と、一切持ち込みができない場合があります。保安検査を終えた待合ロビー内の喫煙室に、ライターが備え付けてあるかを確認して事前に破棄すると、トラブルの原因を減らすことができます。

【液体物】

国際線で一番意識する必要があるのは、液体物の制限です。どんなものが液体物に該当するのか、どのようにしたら持ち込めるのか、どうしても持ち込めないものもあるのか、などを調べて準備しておくことで、スムーズに保安検査場を通過できます。液体物に関しては、国際ルールとして世界で実施されているものです。海外出張が多いのであれば、多くの情報を持っていることをおすすめします。

【刃物類】

ハサミやポケットナイフなど刃物に該当するものは、機内持込手荷物に入れることが可能な条件があります。世界情勢や実例発生によって、これまでにも何度か内容が変わってきた経緯のあるカテゴリーです。変化の起こりやすい部分でもありますので、こまめな確認がおすすめです。

【パソコン・バッテリー】

世界では、パソコンをカバンから出して単体で検査を受けることが常識となっています。円滑に保安検査場を通過するためには、予め検査を受けるための準備をしておくのがおすすめです。また、パソコンやスマホのバッテリーなども別途取り扱いをしている場合もあります。安全な空の旅は、旅客ひとりひとりが搭乗前の保安検査に、積極的に協力をすることで実現します。

北京・羽田・パリ・上海・台湾・ニューヨークなどに出張へ出かける場合は、当社の格安航空券をご利用ください。 急な出張でも、航空券チケットコンシェルジュが、最適な格安航空券とプランのご案内をさせていただきます。